FC2ブログ
心の命ずるままに
ニコニコおばあちゃん
2007-07-21 Sat 19:19
ニコニコ

イルカ著 「 とんがらし ( 1975 ) 」より

あなたが、もしニコニコしている子供の頭をなでたら、あなたの顔のほうはどう
なってる? もちろん、ニコニコほほえんでいますよね。 それはニコニコ波が、
子供からあなたに伝わったのです。 これはとても素晴らしいことでしょ?

だから、もしあなたのまわりに、深く沈んだ人がいたら、さっそくあなたのニコ
ニコ波を伝えてあげてほしいのです。

この世の中、悲しいことや、つらいことなど、とても多いですね。
「 子供は苦労がなくていいなァ― 」
なんて言うオトナの人がいるけど、子供は子供なりの世界で悩んでいるんですよね。

それに子供の世界って悪いことは絶対に悪くてごまかしがないから、今から思うと、
オトナの世界よりきびしい面が多かったみたいです。

ところで、毎日なんだかんだで、一度はうつ状態になるんだけど、そんな時に、鏡
に向かって一生懸命笑ってみても、やはり < ほほえむ > ということは、心の底
から、ニコニコ波が湧き起こってこないとダメなのです。

それに悲しい時って、わりと一人になりたかったりするけど、あれはあんまりよくな
いね。 だって自分で悲劇のヒロインになりきって、悲しみをドンドンふくらましちゃ
うから。

そんな時、誰かが「 どうしたの? 」なんて、部屋に入ってきたりすると、ザワッとし
ちゃう。 そして最初はイヤだなァなんて思ったり、ちょっとホッとしたり、複雑な気持
だけど、ほほえんで自分を見てくれるだけで、なんとなく、気持ちが軽くなってくる。

そして、少しずつ話していくうちに、いつの間にか自分の世界のカラはなくなっちゃっ
ている。 そんなこと、思いあたらない?

誰でも、他の人の気持ってわかりにくいけど、自分が悲しい時に、楽しそうに笑って
いる人見ると、なにかしゃくにさわったり、またそれと逆のこともあるわけですよね。

イルカはだから、いつでも他の人の気持がわかるような人になりたいと思っているの
です。 そう、例えば、美しいシワがあるニコニコおばあちゃんになるのが夢なのです。
スポンサーサイト



web拍手
別窓 | イルカ | コメント:0
カメ吉君
2007-04-02 Mon 20:38
カメ吉

イルカさんの夫であり、プロデューサーの神部和夫さんが先月21日に
59歳でお亡くなりになったとのこと、大変な驚きでした。
さらに、今回初めて、約20年間もパーキンソン病を患い、大変苦しまれた
ことを知りました。 イルカさんのご苦労と悲しみを思うとたまりません。

神部和夫さんは「 カメ吉君 」として、イルカさんと正にお似合いの人柄で、
本当にほのぼのとした良い夫婦だなと感心しておりました。
神部和夫さんの望みは
「 イルカはいつまでも、イルカらしく、歌を創り歌ってほしい 」とのこと、
心からご冥福をお祈りしますとともに、これからもイルカさんを心から応援
していきたいと思っております。

「 とんがらし(1975) 」

何をかくそう、カメ吉君とはイルカの夫なのだ。
とても変てこりんな人間なので、きんのすけ(愛犬)といい勝負なのです。
カメ吉君と知り合って、7年ぐらい経ちますが、結婚する前も、
いわゆる“デート”というようなロマンチックなことはした覚えがないのです。
「 喫茶店に行くなら、お好み焼き食べよ! 」という感じだから。
よく星占いなどで二人の相性というのを見ても、イルカとカメ吉君とは、
いつも凶の関係。 しかし、「 だから、おもしろいじゃん 」と、
へそまがりなところは気が合っているようです。
共通点といえば、3本立ての東映映画と、とても“いやしい”ということ、
そしてコーヒーとグリーンピースが嫌いなことぐらいです。
そんなわけで、馬づらの人と、丸顔の人は、今日もテケテケと歩いています。
web拍手
別窓 | イルカ | コメント:0
バカヤロー・コーナー 第三弾
2007-03-10 Sat 00:41
イルカ

先程、東京から帰ってきました。
東京に行くと、信じられない数の群衆と大都会のエネルギーに圧倒されますね。
今回は勉強が目的なので、ホテルと講習会場をひたすら往復し、
極めて真面目に過ごしました。 たまには学生気分も良いものです・・・

ところで、このところ少し堅い内容が続きましたので、再度イルカの
「 とんがらし(1975年) 」から、エッセイ文を紹介します。
かなり古いので、今の人には分からないと思われる名前も出てきますが・・・

恐怖のバカヤロー

イルカのオールナイトがはじまった時からやっているのが、
例の「 バカヤロー・コーナー 」。 とにかく、こういう世の中、
欲求不満の人が多いのです。 毎週毎週、くるワくるワ葉書の山が。
イルカ考案の「 バカヤロー・コーナー 」が、こんなにうけようとは
思ってもいませんでした。 “ 月光仮面は誰でしょう ”のテーマ・ソング
にのって、イルカは毎週怒り狂っているのです。

毎週ユニークな葉書がたくさん届けられて、このバカヤロー・コーナーの
餌食になった人は、拓郎をはじめ、チンペイ、コウタロー、財津氏、中ピ連から
日本国有鉄道、ズートルビーから陽水まで、数えきれないほどです。

拓郎が美代ちゃんと仲良くしていたと言えば、タクローのバカヤローと言い、
こうせつがコウタローに、オールナイト特製のフンドシの素を横流ししたと
言えば、こうせつのバカヤローと言い、姫野君に女の噂があると言えば、
アントニオ姫野のバカヤローと言い、それはもう、みにくいものなのです。
フォーク界のどろどろとした内幕が、このようにして暴かれていくのです。

最初の頃は「 バカヤロー 」と大声で怒鳴っていたのですが、今年から
ニッポン放送特選 < 三段エコー >もフルに使って、それはそれはすごい
ものになっているのです。

とにかくすごい反響で、サンデー毎日をはじめ、女性自身など多くのマスコミ
にも取り上げられ、正義の味方イルカは日夜大変なのです。
でも、ふだんのイルカは、とてもおとなしい“ 古風な女 ”なので「 バカヤロー 」
なんて、とても恥ずかしくて口にできませんワ・・・ホッホッホ・・・
web拍手
別窓 | イルカ | コメント:0
バカヤロー・コーナー 第二弾
2007-02-24 Sat 00:03
とんがらし

またまた、古い話で申し訳ありませんが、以前( 昨年10月27日 )に
「 イルカ 」のオールナイトニッポンの「 バカヤロー・コーナー」について
書きましたが、彼女のエッセイ集「 とんがらし(1975年) 」にとても
愉快なお話がありましたので紹介します。

東北の魔人「 吉川団十郎 」

ある日、「 バカヤロー・コーナー 」にこんな葉書が届いたのです。
― 仙台に吉川団十郎という変な野郎がいる。 そいつは東北放送でDJをやって
いるだが、ジャイアント馬場のことばかり応援して、アントニオ猪木がかわいそう
なんだ。 だから吉川団十郎にバカヤローと言って下さい ―

吉川団十郎という名前は「 キューピーちゃん 」という曲で聞いたことがあったけ
ど、どんな人かは知らない。 しかし、とりあえず、
「 ウギャー、吉川団十郎のバカヤロー・・・・ウ! 」とやったのです。

すると次の週から「 何で団十郎にバカヤローと言ったのだ。 団十郎は東北の
スーパー・スターなんだぞ! 」というハガキがわんさか。
それに仙台のイルカ諜報部員からのハガキによれば、今度は団十郎が
「 イルカのバカヤロー 」とやったらしいのです。
そしてその証拠のテープまで送ってきたんだから、さあ大変。
カッコマン達も興奮して、何とか団十郎を“ のしいか ”のようにしてやろうと、
話はだんだんエスカレートしていくのでした。
その頃、運悪く? 仙台でコンサートの仕事があって、東北放送より団十郎が
DJをやっている「 AMOジャンボ・リクエスト 」という番組のゲストに是非
出てくれということになったのです。 さてどうしたらよいものか。

みんなは「 イルカ、団十郎なんかに負けるなよ、やっちまえ 」とか、
「 オイコラ! イルカ、団十郎に手を出したらブッ殺すぞ 」とか、
人のことだと思って、もう好き勝ってにハガキを書いてくるしさ。
しかし、とうとう仙台における「 団十郎との対決 」の日がやってきたのです。
前の日はもちろんドキドキ、なかなか寝つかれず。 
だって、レコード・ジャケットを見た限りでは“ 密林の王者 ”というふうな顔
しているだもん。 だから仙台の駅をイルカは忍者のようにスッスッと歩いたのだ。
だって団十郎一族の手によって、闇討ちにあうかもしれんからなのだ。

しかしその日は何事もなく過ぎ、次の日、イルカは“ ぎょくりゅうドリンク ”
を飲み、東北放送へと向かうのであります。
もちろん東北の魔人、団十郎の必殺技「 なめこ地獄 」に対するイルカ考案の
必殺技「 ジャンピングおむつ返し 」をもって。

さてスタジオに入ると、いよいよ団十郎との対決。 
シーンと静まりかえったスタジオの中で、イルカが光線銃を出しかけた時のことだ。
ドアが開いた。 するとあの団十郎がテケテケ笑いながら、
「 いやいや、おばんです 」と言って近づいてくるではないか。
イルカは思わずこけてしまった。 だって“ 密林の王者 ”はあまりに可愛い笑顔
のキューピーちゃんだったからである。

一応の挨拶を交わして、いろいろと話したのだが、早口でしゃべるし、
強烈な東北弁であまり意味がわからなかったのです。 しかし一緒にいると、
あの無着成恭先生といるようで、とても気持ちがやわらぐのです。
それに、団十郎のパートナー“ やすえちゃん ”も、以前東北放送の仕事で
会ったことのある人だったので、急に嬉しくなっちゃった。
東北の魔人もコワイ人じゃなくて、あーよかった。

番組が終わってからも、コンサートの話なんかしてたら、以前シュリークスで
仙台に来た時、コンサート見に来てくれたとか。
同じフォーク・シンガーとして、今度は是非イルカと団十郎とでジョイント・
コンサートやりたいネ、なんて話がはずんだのです。

帰りに、可愛いおさるの人形と < 塩 > をもらったりして。 
なんでも敵に塩を持たせるといいそうです。
でも団十郎ちゃんていい人だったなあ。
すごく素朴で、純粋そうで。 やっぱり男は顔じゃないよネ。
そういうわけで、結局この対決は和平の道へと進んだのであります。
web拍手
別窓 | イルカ | コメント:0
| Your Song |