FC2ブログ
心の命ずるままに
人の幸せ
2010-09-30 Thu 20:54
人の幸せ、大きなお世話・・・自分が幸せであることを心の中にしまっておけば
いいものを、人に吹聴しようものなら、嫉 ( ねた ) まれるもとになります。
本来、他人 ( ひと ) の幸せは喜ぶべきなのですが、そう簡単にはいかないの
が現実世界の悲しさです。

人間の六感情は、 「 喜 」 、 「 怒 」 、 「 哀 」 、 「 楽 」 、 「 愛 ( いとおしみ ) 」 、
「 憎 ( にくしみ ) 」 と言われています。 そして、長年生きていくと、これらが単純
に区別できないことを理解できるようになります。

例えば、 「 憎 」 は 「 愛 」 の裏に隠れていて、直ぐ入れ替わってしまいます。
そして、 「 喜 」 と 「 哀 」 、 「 怒 」 と 「 楽 」 も同じです。 このようなことを繰り
返し経験すると、いつの間にか人間不信になってしまうのですが、あなたは如何
ですか。

しかし、この人生をとことん突き詰めていくと、下の佐藤洋二郎氏の言葉の中にあ
る “ 弱いわたしたちがそこから救われる方法は、人間が持っているやさしさや、
おもやりの気持ちしかないはずだ ” という境地に辿り着くのではないでしょうか。

人の欠点も、長所と一緒に認めあって生きていくということなのですが、皆さんどの
ようにお考えですか? 

朝刊小説 「 グッバイ マイラブ 」 連載を前に ( 北海道新聞 )
                 ~ 佐藤洋二郎


最近、自分はなぜ小説を書くのかと、今更かんがえてもしかたがないことを、しきり
に思案する。 それは犬が、自分の尻尾を咬もうとする行動に似ていて、いつまで
かんがえても結論は出ず、諦めるしかないが、はたしてどんな人生がよかったのか
とおもう。

人間は生きている間が人間だから、つらいことや哀しいことがあっても生きるしか
ないが、因果な生き物だ。 それはほかの動物と違い、多様な感情を持っている
からだろう。

だがこの感情が曲者 ( くせもの ) で、季節のように移り変わる。 清々 ( すがす
が ) しい日もあれば、心が寒いときもある。 やまない雨のように、涙を流し続ける
夜だってあるはずだ。 突然吹く風を追うさざ波のように、不安感が走る場合だって
ある。

生きていればいいこともあると信じるしかないが、幸福なんて、夏の夜空を走る流れ
星みたいなものではないか。 たまにいいことがあるから、その光芒 ( こうぼう )
を瞼 ( まぶた ) の裏側に焼き付けて、またいいことがありますようにと祈って生きる。
それには少しでも前向きに生きるしかないだろう。

・・・・・・・・

そしてこの世が思い通りにならない苦界であれば、弱いわたしたちがそこから救われ
る方法は、人間が持っているやさしさや、おもやりの気持ちしかないはずだ。 
それを失ったときの心の重さが、哀しみになるのではないか。
スポンサーサイト



web拍手
別窓 | 日記 | コメント:2
オオカミ一家
2010-09-29 Wed 21:36
1009ルーク53

ついこの間の猛暑が嘘のように、すっかり寒くなりましたが、如何お過ごしですか・・・

1009ルーク50

今日の札幌は、最高気温が18.3℃、最低気温が12℃でした。

1009ルーク48

寒がりで、夏大好き人間の私 “ 先祖は南方系のようです ” にとって、日が短くなっ
て、気温が下がっていく今の時期は、淋しさのために元気がなくなっていく季節でも
あります。

1009ルーク49

しかし、一方で生き生きと元気になる動物もいます。 それが、このシンリンオオカミ
たちです。

1009ルーク51

暑さのために、赤く傷をつけていたキナコの顔はすっかりきれいになりました。

1009ルーク52

そして、元気なルークは、益々エンジン全開のようです・・・・

1009ルーク36

1009ルーク37

1009ルーク38

1009ルーク39

1009ルーク40

1009ルーク41

1009ルーク42

1009ルーク43

1009ルーク44

1009ルーク45

1009ルーク46

1009ルーク47
web拍手
別窓 | 愛犬&動物たち | コメント:0
最近の弟路郎
2010-09-28 Tue 21:01
1009弟路郎

オランウータンは、ゴリラと同じで、オスとメスの身体の大きさが著しく異なる 「 性的
二型 」 の代表種だということです。 一方、チンパンジーはこの性質が最も弱いとの
ことです。

1009弟路郎2

確かに、レンボーと比べて、弟路郎の外見は大きく立派です。

1009弟路郎3

特に、顔の両脇に張り出している立派なフランジと全身を覆う艶やかな毛には見とれ
てしまいます。 間違いなく、オランウータンの中で最上級の容姿を持っていると思い
ます。

1009弟路郎4

しかし、小さな目を見ると、昔のままで、こんなにでかくなっても幼少時の可愛らしさを
感じてしまうのは、私だけでしょうか。

1009弟路郎5

ところで、野生のオランウータンのオスは単独生活者だと言われています。
つまり、メスが子どもを連れて、森の中で特有の行動領域を持っているのに対して、
オスは何頭ものメスをとりこむ広範囲の場所を動きまわっているとのことです。

1009弟路郎6

つまり、オスは一か所に定住せず、メスを求めて放浪しているようです。

1009弟路郎7

もし、ここがボルネオ島のジャングルだったら、弟路郎は別のメスを求めてさすらい
の旅に出かけていることでしょう。

1009弟路郎8

残念ながら、現実は毎日退屈な生活を送っています。 しかし、動物園生まれの弟路郎
は自由な世界を知らないので、不満は無いでしょう。

1009弟路郎9

一方、我が身を振り返って見ると、目の前の弟路郎の姿は今の私なのかもしれません。

1009弟路郎12

活動範囲の広さのスケールは違いますが、私に本当の自由はあるのでしょうか?

1009弟路郎13

時間を気にすることなく、さすらってみたくなりました。

1009弟路郎11

時間泥棒から、私の時間を取り戻したくなりました・・・・

1009弟路郎14

1009弟路郎15

1009弟路郎10

1009弟路郎16
web拍手
別窓 | 愛犬&動物たち | コメント:0
自然観察会
2010-09-26 Sun 19:50
1009森ボラ36
動物園正門前にある 「 ミズナラ 」 の木の前で・・・・・この木に掛けてある説明札
には 「 ナラ ( コナラ ) 」 と書いてありましたが、間違いです・・・


昨日の午前、動物園の森ボランティアで自然観察会がありました。 講師は自然ウオッ
チングセンターの鎌田恵美さんで笑顔の爽やかな方でした・・・

1009森ボラ35
ウスバカゲロウの幼虫 “ アリジゴク ( 蟻地獄 ) ” ・・動物園正門の集合場所で発見

あいにく雨だったのですが、それぞれ雨具を用意し出発しました。

1009森ボラ37
オニグルミ

コースは円山公園の 「 木道 」 を通って、円山登山口の先の方まででした。

1009森ボラ38
ハリギリ

説明の中身は、すでに知っていることもありましたが、新しいこともありました。

1009森ボラ39
エゾエノキ

曖昧だった知識が、このような観察会を通じて確実なものになっていきます。

1009森ボラ40
ハナタデとミズヒキの群生

1009森ボラ41
ホオノキ

1009森ボラ42

1009森ボラ43

そして、この観察会が終わったところで、雨が上がって、日が差してきたのです。

1009森ボラ44

至る所から湯気のように水蒸気が立って、行く先が白く霞 ( かす ) んで見えました。

1009森ボラ46

神秘的な雰囲気でした・・・・

1009森ボラ47

1009森ボラ48
web拍手
別窓 | 季節・自然・風物 | コメント:0
| Your Song | NEXT