心の命ずるままに
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
別窓 | スポンサー広告
人の幸せ
2010-09-30 Thu 20:54
人の幸せ、大きなお世話・・・自分が幸せであることを心の中にしまっておけば
いいものを、人に吹聴しようものなら、嫉 ( ねた ) まれるもとになります。
本来、他人 ( ひと ) の幸せは喜ぶべきなのですが、そう簡単にはいかないの
が現実世界の悲しさです。

人間の六感情は、 「 喜 」 、 「 怒 」 、 「 哀 」 、 「 楽 」 、 「 愛 ( いとおしみ ) 」 、
「 憎 ( にくしみ ) 」 と言われています。 そして、長年生きていくと、これらが単純
に区別できないことを理解できるようになります。

例えば、 「 憎 」 は 「 愛 」 の裏に隠れていて、直ぐ入れ替わってしまいます。
そして、 「 喜 」 と 「 哀 」 、 「 怒 」 と 「 楽 」 も同じです。 このようなことを繰り
返し経験すると、いつの間にか人間不信になってしまうのですが、あなたは如何
ですか。

しかし、この人生をとことん突き詰めていくと、下の佐藤洋二郎氏の言葉の中にあ
る “ 弱いわたしたちがそこから救われる方法は、人間が持っているやさしさや、
おもやりの気持ちしかないはずだ ” という境地に辿り着くのではないでしょうか。

人の欠点も、長所と一緒に認めあって生きていくということなのですが、皆さんどの
ようにお考えですか? 

朝刊小説 「 グッバイ マイラブ 」 連載を前に ( 北海道新聞 )
                 ~ 佐藤洋二郎


最近、自分はなぜ小説を書くのかと、今更かんがえてもしかたがないことを、しきり
に思案する。 それは犬が、自分の尻尾を咬もうとする行動に似ていて、いつまで
かんがえても結論は出ず、諦めるしかないが、はたしてどんな人生がよかったのか
とおもう。

人間は生きている間が人間だから、つらいことや哀しいことがあっても生きるしか
ないが、因果な生き物だ。 それはほかの動物と違い、多様な感情を持っている
からだろう。

だがこの感情が曲者 ( くせもの ) で、季節のように移り変わる。 清々 ( すがす
が ) しい日もあれば、心が寒いときもある。 やまない雨のように、涙を流し続ける
夜だってあるはずだ。 突然吹く風を追うさざ波のように、不安感が走る場合だって
ある。

生きていればいいこともあると信じるしかないが、幸福なんて、夏の夜空を走る流れ
星みたいなものではないか。 たまにいいことがあるから、その光芒 ( こうぼう )
を瞼 ( まぶた ) の裏側に焼き付けて、またいいことがありますようにと祈って生きる。
それには少しでも前向きに生きるしかないだろう。

・・・・・・・・

そしてこの世が思い通りにならない苦界であれば、弱いわたしたちがそこから救われ
る方法は、人間が持っているやさしさや、おもやりの気持ちしかないはずだ。 
それを失ったときの心の重さが、哀しみになるのではないか。
web拍手
別窓 | 日記 | コメント:2
<<レッサーパンダの赤ちゃん | Your Song | オオカミ一家>>
この記事のコメント
幸せについて
お久しぶりです^^
久々、お邪魔させていただきました(*^_^*)
オオカミの様子も随分、変わりましたね。

幸せについて・・・
「人の不幸は蜜の味」とか言う人もいますが、
この世は確かに裏腹・・・本当に難しいですね。

かつて「笑い」は、誰が聞いても笑えることが本当の笑いだ・・・・ってニーチェの本で読みましたが、
それを人に言ったら、教科書みたいな答えだと反対に笑われました。

人それぞれですが、私も最終的にはnobonoboさんのコメントで締めくくりたいものです。
2010-10-02 Sat 08:41 | URL | happy♪ #cO0YYLY.[ 内容変更]
happyさん、お久しぶりです。
オオカミの子どもの成長の早さには、近くで見ている私自身
が目を瞠っています。
人の幸せについて、少し共感していただけたようですね。
ありがとうございます。 これからも、ときどきこのような
ことを書きますので、そのときはぜひコメントをください。
お願いします・・・・
2010-10-02 Sat 19:43 | URL | のぼのぼ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Your Song |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。