FC2ブログ
心の命ずるままに
1枚の白黒写真と台本
2007-11-11 Sun 06:27
rousoku

本邦初公開、私の写真を載せました・・とはいっても、40年も昔のものですが。
これは、私の“ 人生の原点 ”と呼べる貴重な記憶の一頁です。

家族で写した以外の思い出の写真は、どなたも1枚はお持ちであろうと思いま
すが、私の場合はこの写真です。 みんな笑顔で、実に生き生きしているでしょ。 
小学校最後の学芸会の打ち上げの写真です。

ところで、私はどこにいるのでしょうか。 答えは、前から2列目の左から3人目、
真ん中付近にいる澄ました顔の「 和尚( おしょう ) 」がそうです。
長い長い人生の中で、最初で最後の主役です。

この劇の題名は「 一本のローソク 」、このガリ版刷りの台本は、今でも手元に
あります。 そして、この台本を作って、指導をして頂いたのは、胃下垂バンド
をした、当時30代の「 エイトマン 」 “ 当時人気のテレビ漫画の主人公 ” とい
う渾名の熱血先生。

2年生のときから5年間続いた担任で、特に女の子からは絶大な人気で、みん
なの、ヒーローでした。 しかし、その後病気で50代の若さでお亡くなりになっ
てしまいました。 今でも、奥様宛の年賀状は欠かせません。

そして、私の兄が逝ってしまったのは、この劇の1年程前の出来事です・・・

「 学習塾 」、「 テレビゲーム 」・・そして「 いじめ 」・・そんなものは、ありません。
みんなの顔は、実に明るいでしょ・・・・

rousoku2

貴重な写真と、そして手書きの色あせた台本は、ワープロやパソコンも無くて、
先生直筆の懐かしい字と、謄写版で刷られた懐かしいインクの色です・・・・

ところで、「 一本のローソク 」とは、国分一太郎作の「 槇本楠郎の童話 」から
作られた劇です。 内容は、“ ひとりのうそのため、みんなの無知のために展開
される物語 ”で、最近、様々な企業による「 コンプライアンス( 法令遵守 )違反 」
の問題が新聞を賑わしていますが、シンプルな意外と教訓になりそうな話ですよ。

「 一本のローソク 」

昔、やっとローソクが日本にやってきたころ、一本のローソクがある村の道端に
落ちていて、村人たちが見つけました。 そこへ、村一番の知恵袋の和尚がやっ
てきます。 でも、見たこともないもので、困った和尚は、口から出まかせを言っ
てしまうのです。

和尚 「 おどろきなさんな これは目なし魚といって 天じゅくの青い青い海の底
     深い深い海にすむ魚じゃ おどろきなさんな そういうめずらしい魚じゃ
     だからこの魚には 名まえの通り目がないのじゃ・・・・・ おしゃかさまが
     このよではじめてみつけだされたものじゃ そのご しなのエラーイ王さま
     が しばしば たべたとのことじゃ・・・・」

村人  「 では あの おしょうさん これをどうしたらよいでございましょう 」

   そして、とうとう「 大きな なべの みそじる 」の具になってしまったのでした。

・・・・・・・・・

村人一同 「 ふしぎな ふしぎな 目なし魚 てんじく とらいの 目なし魚
        すっかり とけた みそじるの あぶらが きらきら 光ってる 」

・・・・・・・・
村人一同 「 ひとりの ひとりの うそのため みんなの みんなの ばかのため
        きいろいふとい ローソクが なあんと おかしな 目なし魚 」

・・・・・・・・・

庄屋 「 みなさん方 いかがでござる 」
村人 「 やっぱり油こい ものでござるナア 」

    急に幕 かげで先の歌 またくりかえす・・・・・
web拍手
別窓 | 想い出 | コメント:5
<<遠藤周作の涙 | Your Song | 寒むっ !!・・・>>
この記事のコメント
のぼのぼ様の原点☆
うちのパソコンが不調の時に1回拝見したのですが、
コメントを入れる余裕もないまま…なかなか動かず
…そのまま時が経ってしまいました。^^。。。
 
小学校最後の学芸会の打ち上げの写真の皆さんの
イキイキとした表情と瞳の輝き☆素敵ですよね!!

のぼのぼさんが主役だったお写真、^^♪verygood"
であります。写真を拝見して感じたのですが、優しそ
うなお人柄がうかがえます。あと…もしかして、学級
委員などしておられたとか…?! そんな感じに私には
映りました。

当時の台本も大切に大切に…持っていらしたのです
ね。味わいのある台本がブログからも伝わってくる
から不思議☆です。お兄様も、きっと応援しながら
喜んで眺めていたことでしょうね…。
素敵なステキな原点”のお写真でした・・・。(^.^)





2007-11-27 Tue 21:12 | URL | ^^chicchi☆ #FlI6r7ng[ 内容変更]
ありがとうございます。
過分のお言葉を頂き、大変恐縮をしています。

私にとって、この時期は特別です。
正に私の原点であると思います。

兄のことがあったので、すぐに引越して、実は
このときは、バス通学をしていたと思います。

それからは、中学、高校と特別の思い出もない
まま大学に入り、そして就職、転勤、結婚とあれ
よあれよという間に、いつの間にか現在に至って
いるとうのが本当のところです。

ですから、この歳になって遅ればせながら、自分
の内面と過去に向き合って、そして今まで見えな
かった周りの“景色”を感じて、それを言葉にし
ているところです。
2007-11-28 Wed 19:58 | URL | のぼのぼ #-[ 内容変更]
のぼのぼ様☆
^^のぼのぼさんが感じる感性”って私も共感できる点が
多く、近いものを…ブログに伺う度に何度か感じます。

ビリージョエル&ダリ&九さんもそうですし…、etc。。。
こちらのブログと出会って、不思議な感覚があります。

ところで、お兄様の事が私の知っている限りですが、
2回位かな…ブログにお話で出てきていましたよね。
…以前から、お聞きするのに少し…ためらいつつ、、
以前のページに戻ってみたりしましたが、詳しくは
分かりませんでしたが…もしつらくない様でしたら、
少しでも、お聞きしたいと思っておりました。
(でも、気が向いた時で構いません。無理にお聞き
するつもりはないので…大丈夫です。^^ご安心を。)

こうして今の、のぼのぼさんがいる背景といいますか、
歴史といってはオーバーかもしれませんが、何故だか
私は知りたくなっていました。

美しいものをこうして吸収しているそのことにも…何か
訳&理由もある気がしますし、プロフィールでも多少は
触れておりますが、^^今…少し落ち込んでいる私なの
で、何か見習たい気持ちや、取り入れていきたいなぁ”
という思いで、話してみました。^^スイマセン…☆
2007-11-29 Thu 19:45 | URL | ^^chicchi☆ #FlI6r7ng[ 内容変更]
この点(兄)については、これから少しずつこの
ブログでも色々な形で登場すると思います。
何故って、このことを避けて、今の私は存在しな
いからです。 良い意味でも、悪い意味でも。

良い意味では、生きることに真面目であることが
できました。 悪い意味では、そのことに縛られ
すぎた。 このブログでも書きましたが、私の眼
の奥に残っている兄の残像が美しすぎるのです。

もっと、生々しく汚れていてくれれば良かったのに
と 考えることがあります。 多分、もう少し遅けれ
ば、 そういう姿を私に見せたでしょうし、私もそれを
感 ずるだけの成長もしていたでしょう。

そうすれば、その後の人生を、もっと自由に生きれ
たのにと感じることがあります。

実は、兄は学校での事故死であったのですが、その
翌朝の新聞記事を、何故か昨年、図書館で探したこ
とがあります。 確かに地方版の片隅にその記事は
ありました・・・・・

2007-11-29 Thu 20:32 | URL | のぼのぼ #-[ 内容変更]
素敵な^^写真♪
懐かしいお写真をまた拝見できました。
 ^^ ありがとうございます。
2013-04-24 Wed 03:00 | URL | chicchi #FlI6r7ng[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Your Song |