心の命ずるままに
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
別窓 | スポンサー広告
自然に・・・そして少ぉし輝いて・・・
2010-08-15 Sun 20:52
1008生きる喜び

卓上四季 ( 北海道新聞8月12日朝刊 )

生まれた直後に、見知らぬ世界とつながる大切な役割を担ってくれたのは唇と口だ。
誰しも、お母さんのおっぱいや哺乳瓶にむしゃぶりついて、不安な心を落ち着かせた
のではないだろうか。

札幌市西区の阿部俊明さん(62)が口に筆をくわえて絵や詩を描くようになったのは
15年前の交通事故がきっかけだった。 当時、根室管内中標津町で魚屋さんをしてい
た阿部さんは市場に向かう途中で交通事故に遭い、首から下の身体機能を失った。

言葉では表しえない感情の奔流に襲われたことだろう。 阿部さんは、野の花や野鳥
など身近な命を見つめ、口を使って一筆一筆、息を止めて水彩画を描くことで世界と
自己との関係を築き直してきた。

「 生きる喜び絵筆にこめて第3集 」 ( 北海道新聞社 ) が刊行された。
8年前の第1集は筆遣いが初々しい。 6年前の第2集には自信がうかがえる。
第3集。 線は繊細さを増す。 濃密に彩色サクランボのみずみずしさには驚かされる。

タッチが細かくなったのには訳がある。 体の硬直が進んだため、長い線を引くのが
難しくなった。 阿部さんは 「 もっといい絵を 」 と語る。 寄り添い、支えてきた妻の
直子さん(59)は、 「 いまのままで十分。 無理をしないで 」 と気遣う。

夫婦の深い愛が、胸打つ多くの作品を紡ぎ出している。
今日から、さっぽろ東急百貨店で個展を開く。

1008生きる喜び2

1008生きる喜び3

1008生きる喜び4

1008生きる喜び11

第10回 阿部俊明詩画展 ~生きる喜び絵筆にこめて~
     「 自然に・・・そして少ぉし輝いて・・・ 」


昔元気だった頃 不自由な人 寝たきりの人を見て あんなになったら
人生終わりだなぁと、思っていましたが、私がそんな姿になり 終わり
どころか人生折返しの始まりになりました。

車イス生活15年も過ぎそろそろ独り立ちしなければならない年齢に
なるのですが、年年体調も厳しく周りに手間をさらに取らせるように
なってまいりました。 今迄毎日が精一杯で、脇見もせず生きてきた
気が致します。

追われる事なく、突っ走る事なく、でも少ぉし自分にプレッシャーをかけ
ながら昔とは違う いつもその時々の身の丈に合った生き方、そんな
生活が出きたら良いかな・・・と今ここにきて、そんな思いがいたします。

此の度念願でありました第三集目の詩画集を出していただきました。
以前の第一集、第二集と共に ひとりでも多くの方に見ていただけたら
嬉しく思います。

本日 ここにこの日を迎えられました事、足をお運び下さいました皆様
関係各位様に心より厚くお礼申しあげます 有りがとうございました。
                                  阿部俊明

1008生きる喜び5
阿部俊明さん

1008生きる喜び6

1008生きる喜び7

1008生きる喜び8

1008生きる喜び9

1008生きる喜び10

1008生きる喜び12
制作途中の作品 ( ガクアジサイ )

第10回 阿部俊明詩画展 ~ 生きる喜び絵筆にこめて ~
     「 自然に・・・そして少ぉし輝いて・・・ 」
 日時 : 2010年8月12日(木)~18日(水)
      午前10時~午後8時(最終日午後5時まで)
 会場 : さっぽろ東急百貨店 5階 美術画廊
      札幌市中央区北4条西2丁目


1008生きる喜び20

1008生きる喜び13

1008生きる喜び14

1008生きる喜び15

1008生きる喜び16

1008生きる喜び17

1008生きる喜び18

1008生きる喜び19

1008生きる喜び21
web拍手
別窓 | 福祉問題 | コメント:0
<<今日のルーク | Your Song | オオハンゴンソウ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Your Song |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。